本文へジャンプ




40歳〜74歳の方を対象にした特定健診では、メタボリックシンドロームの概念を導入し内臓脂肪の蓄積、血糖や中性脂肪、血圧などの様々な形で病気の原因となる症状を詳細にデータで示す事が出来るため、健診受診者にとって生活習慣と健診結果、疾病発症との関係が理解しやすく、生活習慣の改善に向けての明確な動機づけが出来るようになりました。

生活習慣改善のための保健指導の基準は3段階に分類され、その中でリスクの高いグループに対して効果的な保健指導を行ないます。

  

 

最初は腹囲を基準にA・B・C
(大文字)に分類されます。
次は血糖・脂質・血圧のそれぞれの項目でa・b(小文字)に該当していると1点づつ加算されます。

次に喫煙をしていれば、さらに1点を追加します。
※ 血糖の基準値はメタボリックシンドロームの基準値とは異なります。
合計点数と判定が合わなかった場合の主な理由です。
  

内臓の周りに脂肪が蓄積している内臓脂肪型肥満に加え、高血糖、高血圧、血清脂質異常など危険因子が2つ以上ある状態を言います。

肥満
(内臓脂肪蓄積)
腹囲 男性は85cm以上
女性は90cm以上
高血圧 130/85mmHg以上
血清脂質異常 中性脂肪
(TG)
150mg/dl以上
HDL
コレステロール
40mg/dl未満
高血糖 空腹時血糖 110mg/dl以上


男性は腹囲が85cm、女性は90cmを越えたら内臓脂肪型肥満が疑われます。CTを撮影した場合、その平面写真で脂肪部分の面積が100cu以上あれば内蔵脂肪型肥満と判定します。

                                                              

肥満度を測る方法はいろいろありますが、BMI(ボディー・マスインデックス)が指標として多く用いられています。

  
            計算式 BMI=体重(  )kg÷身長(  )m÷身長(  )m

  
          例 身長175cm体重65kgの人は(65÷1.75÷1.75)=21.22
BMI 判定
18.5未満 痩せ型
18.5以上25.0未満 正常域
25.0以上30.0未満 肥満1度
30.0以上35.0未満 肥満2度
35.0以上40.0未満 肥満3度
40.0以上 肥満4度

内臓脂肪型の肥満は、皮下脂肪型肥満よりもたまりやすく減りやすいという特徴があります。肥満を改善するには正しい運動と食事バランスが必要です。運動方法や食事バランスについては、「厚生労働省・農林水産省決定の食事バランスガイド」などに掲載されております。